障害者の社会進出を応援するブログ!

PROFILE

アレクサンドロス555

アレクサンドロス555

食べ歩きが趣味で夢は全国制覇。

LATEST TOPICS

PICKUP TOPICS


鹿児島は、リーマンショック(2009年)で雇用情勢は大きく悪化しましたが、その後は回復の一途を辿っており、従来よりも仕事は探しやすい環境になっています。電子部品が盛んな鹿児島は、以前として製造業の求人が多くありますが、最近は高齢化社会に伴い、医療福祉に関連する派遣も増加しています。

九州は福岡を除き人口減少および人手不足の問題が生じています。特に鹿児島県は高校卒業生の県外就職率は全国トップであり、若い人材確保に苦労しているようです。したがって、企業は人手不足を補うために正社員だけでなく派遣やパートなど様々な勤務スタイルで人材確保に努めている状況です。

また、鹿児島の女性労働参加が高く、15歳から64歳の女性労働力率は、全国平均を上回る高い水準となっています。女性労働力率とは、15歳以上の女性人口のうち、勤務している又は求職中の割合のことを意味します。県内の企業も女性の労働参加に積極的に対応しており、雇用環境の改善、企業内保育所の設置、短時間勤務の導入など様々な施策が行われています。

★派遣も選択肢に入れて可能性を広げる

上記の通り、鹿児島の雇用情勢は決して悪いものでなく、求職者にとっては仕事を見つけやすい時期と言えるでしょう。しかし、一つの職種に固執したり、正社員登用に限定したりするとなかなか内定を得られない人も多いと思います。

これは、東京や福岡など大都市圏と比べて企業数が圧倒的に少なく、職場が限られてくるからです。では、どうやって選択肢を増やすかというと、とりあえず職種や正社員を限定しないことです。母集団を増やすことで理想の仕事に出会うことはよくあります。

職種は異なっていても似たような仕事内容もあるので関連職種を含めて探すと募集案件の数が増やせると思います。また、正社員だけでなく派遣も候補に入れると大手企業の支店や工場など経験を積める機会も多いです。また、派遣でも紹介予定派遣という正社員登用を前提にまずは派遣で本人と企業側がお互いの相性を見極める期間を設けている制度もあるので、正社員として働くことも十分可能です。

★おすすめの派遣会社は?

派遣という雇用形態だけで毛嫌いすることなく、まずは選択肢を増やすことが重要です。もし、派遣も含めて広く探そうと思ったならアソウ・ヒューマニーセンターに相談してみると良いでしょう。麻生グループの人材会社で本社は福岡ですが、鹿児島にもオフィスが設置されているので気軽に足を運べばす。アソウ・ヒューマニーセンターは、優良派遣事業者に認定されているの質の高い雇用支援を期待できるのでおすすめです。

https://haken.ahc-net.co.jp/kagoshima/