障害者の社会進出を応援するブログ!

PROFILE

アレクサンドロス555

アレクサンドロス555

食べ歩きが趣味で夢は全国制覇。

LATEST TOPICS

PICKUP TOPICS

障害者の雇用は質の高い就労移行支援所がおすすめ!

障害者の雇用は質の高い就労移行支援所がおすすめ!


障害者の雇用機会は期待できないと思っていませんか?実は、日本では障害者雇用促進法という法律を設けて事業主は一定以上の障害者を雇用することが法律で定められており、違反した場合は罰則があります。また、近年は社会貢献やより優秀な人材確保に努めようと、障害者の雇用を積極的に展開している企業も増えています。そこで今回は障害者の雇用について制度や支援体制などを紹介していきたいと思います。

障害者雇用促進法はどんな制度?

障害者雇用促進法とは、障害者が安定的に働く、また自立して生活が送るために、事業主による障害者雇用の義務化、および差別禁止、支援や対策の提供を定めた法律です。

また、障害者雇用促進法で該当する障害者をまとめると下記となります。

  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神、発達障害者
  • 精神障害者
  • その他の心身機能に障害があるものの障害者手帳を所有していない人

上記を見てみると、障害者手帳が必須なわけではないので、障害のある幅広い人が対象となります。

また、障害者雇用促進法には、「雇用義務制度」「職業リハビリテーションの推進」「差別禁止の合理的配慮の提供」3つの取り組みが規定されています。

職業リハビリテーションは企業で働くための支援が受けられる制度で、差別禁止の合理的配慮の提供は障害者快適に働ける労働環境の構築に努めさせるなどイメージが容易ですが、雇用義務制度はイマイチ分からないですよね。

そこで次は、障害者の雇用義務制度はどんな内容化を詳しく確認してみましょう。

雇用義務制度で厳しく規定

雇用義務制度は、法定雇用率を設け、企業や国・地方公共団体は一定の割合で障害者を雇用することを義務付けました。

これは、ただ単に障害者を雇用すると決めても障害が無い人を優先する企業が出てきてもおかしくはなく、そのことで障害のある人が社会的格差や不利的な状況に陥ることを防止するためです。

最低限の雇用を確保するために、法定雇用率を設定し、企業や自治体は順守する必要があります。
障害者雇用率は5年ごとに見直しが行われていますが、2021年4月までには下記の割合で法定雇用率を設定されています。

民間企業 2.3%
国、地方公共団体 2.6%
都道府県等の教育委員会 2.5%

仮に法定雇用率を達成できなかった場合はどうなるかというと、事業主から納付金が徴収されます。
徴収したお金は助成金などの資金として活用され、積極的に障害者を雇用している企業へ支給される仕組みです。

さらに、事業主が雇用状況の報告をしなかったり、虚偽・水増しの報告をした場合は30万円以下の罰金も規定されているという厳格ぶり。
障害者の働く機会を与えられるよう、国は法律によって積極的にサポートしています。

企業が障害のある人を採用するメリット

事業主(企業)は、障害者雇用促進法によって障害のある人を一定数採用する必要があります。
しかし、障害者を雇用するとなると設備の改修やフォロー体制の確立など別途対策や投資が必要になってしまいます。
コスト負担を懸念する事業主も多いですが、それは国から支給される助成金などを活用することで負担軽減へつなげることが可能です。

また、障害者を雇用することで生まれるメリットもあります。
まず、障害者を雇用することで業務の見直しや最適化を図る機会が設けられるので、業務全体の効率化を図れるチャンスとなります。
また、障害者の中には優秀なスキルを持つ人も多いので、適切な補助を行うことで生産性が大きく上がることも珍しくありません。

支援制度の構築や設備の改修など負のデメリットな部分ばかり気にしてしまいがちですが、障害者雇用は企業にメリットな部分を多くもたらす側面もあるので、まだまだ事業主によって温度差はありますが、積極的に障害者雇用に取り組んでいる企業も増えてきています。

就労移行支援所が選ばれる理由

障害者の求人紹介や採用支援は、ハローワーク、転職エージェント、就労移行支援所と様々な機関で実施されていますが、一番おすすめなのは就労移行支援所です。

障害者総合支援法に基づく就労サポートの一環で、65歳未満の障害者が利用可能。
障害者が働くとなった場合に充実のサポートを受けることができます。

そこで、ハローワークや転職エージェントとの違いを比較しながら就労移行支援所の特徴を確認していきましょう。

職場で必要なスキルなど実践力が磨ける

ハローワークや転職エージェントは仕事を紹介するプロですが、あくまで面接や履歴書の書き方など就活支援に留まってしまいます。

いっぽう、就労移行支援所は就活で内定をもらうために必要なスキルや知識をまず習得することを目指すので、単に就活するよりも内定をもらえるチャンスが高まります。
したがって、未経験の職種でも仕事が決まることも珍しくありません。

就職後も継続して働けるようサポート

障害者の人は就職してもあまり仕事が長続きしないことが多いです。
コミュニケーションが上手く取れなかったり、周囲の理解を得られなかったりと理由は様々ですが、就労移行支援所は就職後もサポートを継続。

障害者と企業側の間に入ってお互いの架け橋となるべく、丁寧な相談や職場への共有をサポートしてくれます。
職場の人には話せない仕事や人間関係を相談することで、一緒に合理的な解決法へと導いてくれることでしょう。

障害者雇用で就職移行支援を受けるならチャレンジド・アソウ

障害者雇用のサポートを受けるなら就労移行支援所がおすすめとなりますが、全国には3万件を超える支援所が開設されています。

その中でもおすすめの就労移行支援所は福岡・広島・大阪に事業所を設置するチャレンジド・アソウです。
就労移行支援所として豊富な実績があるだけでなく、グループ会社が新卒・転職や派遣を扱う人材会社のため求人数も豊富なのが特徴。

人材会社だから持つ豊富なネットワークを活用しながら正社員や公務員を含め幅広い障害者の雇用支援を行っています。
障害者の雇用に関心がある方はぜひ相談してみることをおすすめします。

https://challenged.ahc-net.co.jp/

page top