★民間のケータイ補償サービスも侮れない!使い勝手が良くてお得!★

スマホは端末代金が50000万円以上する製品も少なくないですが、落下による画面割れや水没といったトラブルは多いです。そのため、携帯電話各社ではケータイ補償サービスを提供し、加入者には割安価格で修理や代替機との交換を提供しています。ただし、携帯電話会社のケータイ補償サービスは制限も結構多いので使い勝手の良さはあまりよくありません。例えば、端末購入と同時に加入しないと、その後は加入できない制約を設けるキャリアも多いです。また、一度解約すると再加入できないのも問題となっています。そうしたことから近年は民間のケータイ補償サービスが注目されています。民間の場合は加入条件緩く、端末購入と同時に加入する必要もなければ、再加入することも可能です。したがって、携帯電話会社のケータイ補償サービスが利用できない人の受け皿として契約者数を伸ばしています。また、民間のケータイ補償サービスはスマホに限らずウェアラブル端末は保証対象とするなど、スマホに限られないリスクヘッジが可能となっています。さらに、近年多い中古端末のスマホユーザーでも加入できるケータイ補償サービスもあり、誰でもトラブルに備えて対策できるのが魅力となっています。民間のケータイ補償サービスは数も増えているので比較サイトなどを使って詳しく調べてみると良いでしょう。特に、ケータイ補償サービス徹底比較は携帯電話会社と民間の両方の保証プランを紹介しているので参考になります。

xn--eckzanq1a6j4ld5515e3qug.net

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *